慶應義塾大学|理工学部|進学|佐原高|香取市(千葉) |卒業生

query_builder 2022/04/28
C7D68DAA-9E88-40B6-9D37-8E4DFFA4ED96



<慶應義塾大学理工学部|千葉大学理学部|早稲田大学基幹理工学部|東京理科大学理工学部|青山学院大学理工学部| 合格>




私がこの塾に出会ったのは、中学1年生の時でした。

この地域には珍しく、5教科をハイレベルで指導してくれたので、難関コースに入りました。テキストが難しく挫けそうになりましたが、親身で熱心な指導のおかげで、少しずつ理解出来るようになりました。高校受験の直前には、開成高校の問題などにもチャレンジし、「意外と解ける」と自分でも感動したのを覚えています。


高校に進学後、入学式直後に塾で志望校の面談があり、国立にするか?早慶にするか?で悩んだ結果、憧れのあった慶應を第一志望にする事にしました。


高校2年生の冬からは通常授業以外に難関大学対策の授業も受講し、基礎固めと同時に英語数学で早稲田慶應の対策をしていきました。高2の模試の問題はそこそこ判定も良かったので自信を持っていましたが、実際に入試の問題を解いてみると全然わからなくて自分の実力のなさを痛感しました。


しかし、先生の指導がとてもわかりやすく、高3の夏には「読めない英文はない」「早慶でも8割は取れる」まで成長しました。私が通っていた高校は地域では一番の進学校ではありますが、都会の高校に比べればレベルは低く、自分は「意識高い系の人だった」と痛感しました。


この塾はもっとレベルの高い地域の他塾とコラボレーションする事もあり、その中で県内トップクラスの高校の生徒と競い合う事も出来ました。「環境が自分の成績を作る」事を痛感しました。もしこの塾に通っていなかったら、もっともっとレベルの高いライバルの事を意識することはなかったと思います。そして、成長させてくれた事に感謝しています。


塾の授業がない時でも、チャットを使って質問を送りまくりました。丁寧な解説つきで添削をしてくれて、心強い味方がいつもそばにいる気持ちになれて、本当に助かりました。


ただ、頼りきりだった訳ではありません。受験が近づくと先生に突き放されているという印象がありました。

「自分で考えろ」「教えない」「ここまで解けたらもう一度持ってきて」などと、冷たく言われる事もありました。

別の友達は同じことを質問して丁寧に解説してもらっているのに、、、。人によって対応が全然違います。


実を言うと最初はその対応にムカついていたのですが(笑)、これが私をさらに成長させてくれたと思います。おそらく自分のレベルに合わせて的確な対応をしてくれていたのだと思います。感謝です。


この塾の素晴らしさは色々とありますが、私たちの目標に応じて、それぞれ的確な対応やアドバイスをしてくれる所にもあると思います。


授業や説明も学校の先生の数倍わかりやすいですが、一度先生にその様に言ったら「金もらってんだから当たり前だろ」と言われました(笑)。衝撃の告白ですが、実は友達に誘われて某予備校の体験に行ったこともありました(ごめんなさい。入るつもりはありませんでした)。しかし、その授業よりもわかりやすいし的確だと思いました。何より、一方的な授業ではなく、考えさせる時間をとってくれるのが良かったです。


「何でこんな田舎にこんな先生がいるの?」のレベルでした。


一度受けてみて下さい。


色々と本当にありがとうございました。